赤羽根町のマンホール

愛知県 旧:赤羽根町のマンホール
現在は近隣の町と合併し田原市となっています。
f0305092_10084262.jpg
中央に太平洋と椰子の木、旧:赤羽根町の木・クロマツを描き、その周りに町の花・キクがデザインされています。
[PR]
# by seaport2013 | 2017-09-26 10:09 | マンホール | Comments(0)

吉川市の仕切弁

埼玉県吉川市の仕切弁
f0305092_17180847.jpg
吉川市は「なまずの里」なので、汚水・雨水用のマンホールや、この空気仕切弁等、いろんなものにナマズがデザインされているようです。


[PR]
# by seaport2013 | 2017-09-24 17:18 | マンホール | Comments(0)

さいたま市のマンホール

埼玉県さいたま市のマンホール

上部には市の木:ケヤキ左下には市の花:サクラソウ右下には市の花木:桜がデザインされています。
f0305092_15180282.jpg
2001年5月1日、浦和・大宮・与野の3市の合併によりさいたま市となりました。
さらに2005年4月1日には岩槻市が編入されています。

中央の市章もさいたま市となってからの市章、
なので新しくさいたま市としてのデザインマンホールですね。


こちらは合併前の大宮市のマンホールです。
f0305092_15262545.jpg
旧:大宮市の花サクラの中に更に小さなサクラをデザインされています。


こちらも旧:大宮市のマンホールです。
f0305092_15265385.jpg
旧:大宮字は盆栽の街、なので五葉松の盆栽がデザインされています。

[PR]
# by seaport2013 | 2017-09-22 15:31 | マンホール | Comments(0)

角館町のマンホール

秋田県角館町のマンホール
2005年9月20日に角館町が田沢湖町・西木村と合併し、現在は仙北市となっています。
f0305092_11052427.jpg
角館祭りの武者絵がデザインされています。
・・・が、色が剥がれているので見にくかったですね。105.png

[PR]
# by seaport2013 | 2017-09-19 11:08 | マンホール | Comments(0)

先月に引き続き根魚五目釣りへ

先月に引き続き、今回も根魚五目釣りに行ってきた。

釣行日は9月14日。
前回同様、房総大原港の船宿:臼井丸に乗船。

9月に入り、なかなか根魚釣りの予約が入らず月の半ばになってしまいました。
一人での釣行だと、自分の予定に合わせるのではなく他人の予約日に合わせます。
折角釣りに行くのなら天候が良い日の方がいいですからね。ふ

いつもどおり大原港に4時集合。
毎回ギリギリの時間に当方は到着するので、釣り座は空いているところに。
この日は右舷胴の間(真ん中)しか空いていませんでした。

二人連れの客が2組と他は一人の客、総勢10名でしたので、右舷・左舷に各5名ずつ。
平日の割には混んでいましたね。102.png

定刻では4時30分の出港ですが、予約客が全員揃えば早めに出港。
この日は4時20分に出港しました。

釣りポイントは大原沖の水深が約100mのところ。
ここまでの航程は約50分。
ポイントに到着後、太陽が出てきたのでパチリ。5:21am
海上は風が殆んどなく、ベタ凪状態でした。
f0305092_10542929.jpg
ポイントに到着後釣り開始。
第1投からチカメキントキのダブル。5:26am
f0305092_10523650.jpg
約30cm前後がダブルでも、かなりの重さがありましたよ。

さい先の良いスタート。
錘が海底に届くと同時にはアタリがでました。
でも喰いが浅く、前アタリがあってもなかなか鈎掛かりがしませんでした。
f0305092_11005635.jpg
餌のイワシが半分だけ齧られていたり、頭だけが残っていたのが何回かありました。
画像は第2投 5:49am、食い逃げでした。105.png

そして第3投にもダブル。6:10am
f0305092_11055654.jpg
すべて仕掛けが海底に到着と同時にアタリがありました。

しかし、何回かチカメキントキの入れ喰い状態が続くと大きなサバの猛攻撃が。。。6:17am
f0305092_11093312.jpg
その都度、船を立て直してもキントキが釣れだすとすぐにまたサバの攻撃に遇いました。
前半はそんな状態が暫らく続き、アタリが無くなってきたのでポイント変更。
暫らく走行し、後半も水深が100m前後のカサゴポイントに。。

こちらではやや潮の流れが速くお祭りが多かったです。
鈎の交換やら、仕掛けの作り直し等のロスタイム多かった。

左舷の状態は判らなかったが右舷ではミヨシと大トモの人に良型のカサゴが釣れていました。
当方は残念ながら小さなアヤメカサゴ(7:45am)とトゴットメバル(8:35am)しか釣れませんでした。120.png
f0305092_11212160.jpg
f0305092_11214674.jpg

チラッと見たら持参した小さなイカ姿の餌に釣れていたようです。
次回はこちらも用意しようかと想いましたが、次回は来年なので覚えているかどうか?105.png

この日の天候は終日晴れ、北北東の風1から4m/s(陽が高くなるにつれ強くなった)。
水温は24℃と暖かく澄んでいました。潮の流れは逆潮0.6ノットと穏やかでした(後半はやや早かった)。
釣り客は10名(右舷・左舷に5名ずつ)、当方の釣り座は右舷胴の間(真ん中)。

この日の釣果は、
チカメキントキ 24~35cm  11尾
アヤメカサゴ  22cm      1尾
トゴットメバル 20cm      1尾
ゴマサバ    37~40cm   2尾のみキープ
写っていないが20cmのヒメが2尾あったので、とりあえず五目釣り達成か。104.png
f0305092_11400108.jpg
*他に釣れたサバを切り身にして餌に使用したが効果はなかった。
*前半は入れ喰い、後半はお祭り等でのロスタイムが多かったがそこそこ楽しめた釣りでした。
*良型が釣れなかったのがチョット残念、またの機会に期待か。

 


[PR]
# by seaport2013 | 2017-09-16 11:43 | 海釣り | Comments(0)