早朝ドライブ(笑)

今日は久しぶりにヒラメ釣り。。。

昨日予約した房総大原港の臼井丸へは家から約2時間弱。
ちょっと早めの3時前に家を出たので経済速度の80キロにてのんびりと走行。

天気予報では、沿岸部では早朝まで雨が残るとの予報。
海に近づくと道路が濡れていて、少し前に雨が止んだと想われた。
天気予報どおりの展開。
スイスイと走り集合15分前に港に着いたが、船が見当たらない。146.png
電話をかけて確認したら、風が少し強かったのでいつも係留している場所で海の様子を伺っていたとのこと。
とりあえずいつもの乗船場所に船を回すと回答があったので、支度をして待ってました。
予約客は当方含めて4名。
みんな港に到着していたので乗船し、支度を済ませましたが一向に出航する気配がなかった。
風が強かったので各船待機状態。
約1時間ほど待つと風が少し収まったので他船が動き出した。
でも港の出口を過ぎたところで止まっている様子。
すぐにUターンして戻ってきてしまいました。
港を出たら予想以上にウネリが高くて航行できないとの判断。
港の出入り口の堤防を見たら、ウネリが当たって飛沫が堤防の2倍ぐらい高く飛んでいました。
それを見た船長は中止を決定。

集合時間通りに港に到着し、乗船を済ませ仕掛けの準備を済ませましたが、やはり安全第一。
残念でしたが仕掛けを片付けて帰路に。。。

行きは約2時間、、帰りは約3時間。港での待機が1時間。
なので今日は早朝のドライブだけで終わってしまいました。103.png

潮風に当たったので、家に帰ってきてすぐに車の洗車。
お日様が出て、海の状態が悪いなんて全く想像できないようないい天気になりました。174.png

まぁ、釣りはまたいつか。。。
良い天候の日に行きたいものですね。









[PR]
# by seaport2013 | 2018-11-14 13:33 | 海釣り | Comments(0)

袖ヶ浦市のマンホール

NETのお友達から頂いたマンホールの紹介です。

千葉県袖ヶ浦市のマンホール
f0305092_19461563.jpg
中央には市章を配置、
左は梅に止まる市の鳥:ウグイス、右には市の花:ヤマユリ
上下部分は市の木:シイの葉と、菱型っぽいのはシイの実が描かれています。


貴方の街にはどのようなデザインマンホールがありますか。
ちょっと足元を観てみましょう。
意外な発見があるかも。。

[PR]
# by seaport2013 | 2018-10-23 08:43 | マンホール | Comments(0)

八千代市のマンホール

NETのお友達から頂いたマンホールの紹介です。

千葉県八千代市のマンホール
f0305092_16154071.jpg
八千代市を縦断する「新川」の景観を主題にしたデザインで、
沿岸に植栽された「千本桜」の花
新川にかかる「村上橋」と同橋に設置された「ブロンズ像」、
八千代市の花「バラ」が描かれています。
マンホカードより抜粋

貴方の街にはどのようなデザインマンホールがありますか。
ちょっと足元を観てみましょう。
意外な発見があるかも。。


[PR]
# by seaport2013 | 2018-10-22 16:19 | マンホール | Comments(0)

今季初めてのヒラメ釣り

房総大原港では10月よりヒラメ釣りが全面的に解禁。。。

9月は一部にて解禁されていたが、10月からは本格的にヒラメ釣りが開始されました。
なので昨日(10/11)今季初めてのヒラメ釣りに行ってきた。

今年は銚子・飯岡方面でも連日ヒラメが釣れている様子。
竿頭はツ抜け、しかも18枚とか12枚と二桁釣れているとのこと。 150.png
今年のヒラメ釣りは好調の出だしとなってます。

なので早々に行こうと考え昨日(10/11)行ってきました。
いつもの船宿:大原港の臼井丸に予約を入れたら、なんと前日の昼過ぎで8名の予約者。
当日港に着いたら全員で11名、さすがに連日釣れているので平日でもお客が多かったのでしょう。
誰しも考えることは一緒ですね。 102.png

集合時間は4時30分am。
今回は港に4時20分に着いたらすでに他の予約客は乗船してました。
受付を済ませて乗船すると4時40分に出港。(←本当は5時のはず)
全員揃ったので早めに出港したようだ。

出港時間が早かったのか、ゆっくりと航行してポイントの太東沖に。。。
ポイントに到着して釣り開始。5:30am
すぐにアタリが遭ったが鈎掛かりはせず。
餌のイワシを齧っただけですぐに離されてしまった。
離してもヒラメの活性が高いとまたすぐに銜えてくるのだけれど、今回は何処かに行ってしまったようだ。
(待っても再度のアタリはナシ)
f0305092_16234136.jpg
仕掛けを揚げて確認すると齧られた痕が付いていました。
画像はないですが、もっと派手に齧られていましたよ。
上手にと言うか、鈎のすぐ脇を齧ってました。150.png

昨日は何回かアタリはあるものの、齧られたり餌を獲られたりで鈎掛かりしなかった。
隣の人も同じような事ばかりで、一緒にボヤイてました。105.png
でも釣れている人は釣れていて、竿頭は8枚。
ソゲ主体でしたがそこそこのヒラメも釣れていました。


コチラはソゲ(42㎝・750g)と小ソゲ(35㎝・400g)の2枚。
f0305092_16312502.jpg
大き目のクーラーを持参していたので、その中で泳いでいたかも。。


最初に齧られて逃げられてから次の仕掛けの投入に大きなアタリがありました。
リールを捲いても何回か空回り。
「これは大物の予感」と慎重に捲き揚げたら、なんと・なんと42㎝のソゲ。
f0305092_16355527.jpg
タモにて取り込んだらなんとソゲのお腹の真ん中に孫鈎(トリブルフック)が刺さってました。
なのでリールを捲いた時の水の抵抗が大きく竿も撓ったんでしょうね。 105.png
さらにドラグも緩めだったので空回りしたようです。

これって「釣った」のではなくて「釣れた」。
いや「釣れた」でもなくて「たまたま鈎が引っかかった」と言った方がいいかも。 110.png


この後はアタリだけで釣れず仕舞い。
終盤近くに可愛い小ソゲをやっと追加。
f0305092_16385961.jpg
大きいのが釣れていればリリースしたかも。


貧果でしたので、今日はヒラメの尾頭付と豪華にいこうかな。。 129.png





[PR]
# by seaport2013 | 2018-10-12 16:41 | 海釣り | Comments(0)

ペンキ塗り

鉄製外階段のペンキ塗り。。

鉄製なのでペンキが剥がれたりすると錆が出ます。
なので早めにペンキ塗りを。。

正式にはまず全部のペンキを剥がしてから塗るのだが、そこから始めると膨大な作業になるので略式方法にてのペンキ塗り。
言い換えれば手抜きペンキ塗り。。102.png

ペンキを塗るよりも剥がす方に時間がものすごく掛かります。
その方が塗った後が綺麗に仕上がるんですがね。105.png
(業者に依頼するとこの方法にて塗ります)
f0305092_14253185.jpg
今回はこの手抜き方法にて行いました。
錆た箇所の錆を落としたり、ペンキが剥がれかかった個所のペンキを落としただけ。
ペンキ塗りは、裏側とか手が入りにくい個所等、塗りにくい個所から塗り始めます。
そうしないと洋服にペンキが付いたり、手に付いたりします。
塗る個所の順番を間違えると、一度塗ったところに足を付けて又塗り直しなんてことも起こりえます。

さらに階段の場合、人が通るので半分ずつ塗ります。
絶対に人が通らない階段であれば一気に塗りますがね。104.png
業者はペンキに速乾性の溶液を入れるので一気に塗ることもあります。
そこは素人の作業。。
ペンキを塗ったら2~3時間は乾かないので半分ずつ塗るしかないですね。
f0305092_14264338.jpg
この画像は半分塗り終わった画像。
錆びやペンキを剥がしたり、汚れを取り除いて水洗いを前日に一日掛けて行いました。
翌日乾いたらペンキ塗り、半分塗るだけでも約3時間程度かかりました。

(参考)
速乾性溶液を購入してもペンキ使用量の約1割程度しか使用しないので大量に残ってしまいます。
また速乾性溶液を入れたペンキはすぐに使いきらないとペンキが乾いてしまい使えなくなります。










[PR]
# by seaport2013 | 2018-10-04 14:37 | その他 | Comments(0)