人気ブログランキング |

根魚五目釣り

ヒラメのシーズンが終わり、これからはイサキ釣りのシーズン。
各船宿はイサキ釣りをメインにしていますが、当方はイサキを卒業(したつもり)105.png
いつも乗船している船宿(房総大原港の臼井丸)もメインはイサキ狙い。
なので、朝はイサキで午後から真鯛のヒトツテンヤ(又は鯛ラバ)か根魚五目釣りをしています。
でも午前の根魚五目釣りの希望があれば朝からも行っています。
なかなか根魚釣りの希望者が少なく、5月になってからは予約が入らずやっと朝からの予約は昨日(18日)のみ。

当方はいつも土曜・日曜日は混むので平日のみの釣行。
なので今週の水曜日(22日)に予約を入れておいたが、週刊天気予報によると雨・風の予報に。。
急遽水曜日は止めにして、混雑していても良しとし昨日の18日に変更し行ってきた。

当日港に行くと予約客はほぼ到着していました。
人数を聞くと当方含めて13名とのこと。
左舷6名(当方は胴の間)と右舷7名ですが、船は大きいので十分な間隔。
天候は晴れていて、東の風3~4mと穏やかでした。
朝のうちはややウネリが残り、波は1.5~2mでしたが、中盤からは波も収まり終盤は凪になってました。
f0305092_19404560.jpg

ただ終日、潮が澄んでいましたね。
流れもあまりなく喰いがイマイチ。122.png
釣り開始時はポツポツと釣れていて、幸先は良かったんですがね~。

出船は4時30分でしたが予約客が全員揃ったので少し早めに出航(4:15am)。
大原沖合のポイント(水深は50~60m)に到着し釣り開始。
開始早々にアカイサキが釣れました。5:07am 
f0305092_19393198.jpg
これはアカイサキの雌。約30㎝。


次に釣れたのは小さな(約20㎝)オニカサゴ(正式名称はイズカサゴ)。5:37am
f0305092_19411402.jpg
小さかったので証拠写真を撮ってリリース。104.png

『親を呼んできて』と願ってリリース。
そうしたらすぐに33㎝のオニカサゴが、、、、、、、右隣の人に釣れました。120.png 5:54am
右隣の人は最終的にオニカサゴが6匹釣れていました。
これが今回同行した右隣の友人で33センチのオニカサゴを持っての画像です。104.png
f0305092_09345428.png
そしてこちらは約40センチのアカイサキ(雄)を釣った時の画像です。
f0305092_09380154.jpg



次に釣れたのはチカメキントキ
f0305092_19582763.jpg
43㎝・1.3㎏でしたのでかなり重かったです。
これはこのチカメキントキが釣れた時の画像、友人に撮ってもらいました。
f0305092_09423103.jpg


そして最初に釣れたのと同じ大きさ位のアカイサキが釣れましたが、そのあとが続かず。
潮が澄んでいたのかアタリが無くなりました。

当方が釣れたのは以上ですが船中にて釣れたのは、
45㎝位のマハタや50㎝位のメダイ、チカメキントキ、アカイサキ等々。
何故がメバルは釣れていませんでした。

釣れた人と釣れなかった人に分かれた感じ。
全体の釣果としてはやや少なかったです。
これも時の運ですね。120.png

これから夏にかけてまた根魚を釣りに行く予定。
次は大きな魚を釣りたいものです。110.png











# by seaport2013 | 2019-05-19 20:16 | 海釣り | Comments(0)

クリローの種子

1~3月に咲いたクリスマスローズの種ができ、種子袋が破れて落ちてます。
f0305092_17180726.jpg
以前は採種するためにお茶濃し用の袋を被せていたが、今は自然に任せています。110.png

自然に落ちた種は落ちた場所によって発芽するか、そのまま土に帰るか。
それは来年の1月にならないと判りません。

種そのものは来年の1月に寒さを感じなければ発芽しません。
なので採種したとしても、暮れまで暗冷所にて保管するか、それとも涼しい場所の土に埋めておくかしなければいけません。
当方は採種したときに土に植えて保存する方法をとってました。
人によっては暗冷所にて保管し、11月ごろになってから一度冷蔵庫に入れて寒さを感じさせてから植える人もいます。
やり方は人それぞれ。
いずれにしてもクリスマスローズは春から秋までは休眠期。
お休み頂くかありません。119.png

下画像の零れた種はとりあえず拾って芽を出してもいい場所に放っておきました。
なぜなら零れた場所は通り道なので芽が出たら邪魔になるので。。。。106.png

正直なところこの近くには今年の初めにいくつか零れた種が芽を出していたので植え替えました。

何も手を掛けず自然に任せた方が育ってくれるかも。105.png




# by seaport2013 | 2019-05-16 17:26 | クリスマスローズ | Comments(0)

来訪者?

庭に咲いているノースポールに来訪者(虫)?
f0305092_11543643.jpg
上の画像にはナナツホシテントウ
下の画像にはヒメヒラタアブの仲間と想われます。

上のテントウムシは間違いないですが、下の虫は最初蜂かと想い調べたが、種類が多くて分かりませんでした。
NETのお友達からアブの仲間ではないかと連絡があり、またアブ画像一覧も添えられていたので確認。
確かに蜂よりはアブの方に似ていました。
こちらも種類が多かったので似ているヒメヒラタアブの仲間ではないかと推測。

各花は子孫を残すために、虫等が好きな匂いを発したり、
蜜を出して花に呼び寄せ受粉してもらってます。
また、種ができると風で飛ばしたり、弾き飛ばしたり、犬・猫等の動物にくっついて遠くに運んでもらう方法があります。
これらはその植物の性質等によって考えられています。
すべてこれらも生活の知恵と言えるかもね。


# by seaport2013 | 2019-04-29 08:34 | 園芸 | Comments(0)

サツキとツツジの違い

今の時期になるとサツキとツツジが次々と咲きだしてます。

毎年サツキツツジの違いを調べては、すぐに忘れてしまいます。
なので今回もまた調べてBlogに掲載。

f0305092_19264076.jpg
違いは次のとおり。
サツキの方が全体に小さい(花も葉も小さい)のが特徴

他にも違いがありますが主な違いは、、
        サツキ         ツツジ
(雄蕊)    5本が多い     5~10本程度が多い
(花径)    3.5~5センチ    5~7センチ
(葉の大きさ) 2~3センチ     5~7センチ
(花の色)   紅赤色が多い    白・ビンク・紅紫色が多い

この様にカキコしても、またきっと忘れてしまうかも。(笑)
花が咲いている間ぐらいは覚えているかな?


# by seaport2013 | 2019-04-28 07:25 | 園芸 | Comments(0)

ブドウの新芽

冬に選定を行った葡萄の木から新芽が沢山出てきています。

その新芽が少し伸びたら花房が出来て、画像のように花房の元から必ず枝分かれしてきます。
f0305092_19190352.jpg
このまま大きくすると栄養が分散されるので、小さい方の根元から切り取ります。
両方大きくすると栄養も分散されて粒が小さくなるので切り取ります。
やはり粒を大きくして食べたいですよね。(笑)


# by seaport2013 | 2019-04-27 19:19 | 園芸 | Comments(0)